【自分用】ランチに使う!小さな電気ケトルでアツアツの味噌汁を飲むぞ【海外でも】

「お昼ご飯だいすきー」でおなじみのざっとです。

実は、事務所が新しい場所に移転したんです。
設備もほとんど整っていない。事務所内はガランガラン。

新事務所に行った時に確認したら、お昼ご飯時になくてはならないアレが無いんです。
アレですよ、アレ。
ポットですよ。

どんなに探しても見当たりません。
「困ったな……」
会社に「お昼時にポットがないと、あたたかい味噌汁が飲めないじゃないですか(怒)」と言う勇気もないので、スッパりと自腹購入を決断です。

どんなポットを買おうかな?

先日、会社の方針として、「新事務所には家電を置かない」と通達がでました。
ですから、新事務所にはお昼時に必要な家電が一切会社にはありません。
冷蔵庫も、電子レンジも、電気ポットも、オーブンレンジもありません。

会社として買わないなら堂々とした「電気ポット」は置けません。
次の3点を電気ポットの購入ポイントとしました。

  1. 家庭にあるような何リットルも入る大きなポットは無理
  2. ポットポットした形は会社事情を考慮するとヤバい
  3. 500ccぐらいは沸かしたい
  4. 小さいポットでも湯沸かし機能は充実したもの
  5. 当然、AC電源!

Amazonで物色だ!

品揃えが豊富なAmazonで探してみました。(僕自身、Amazon派なんです)
「小型 ポット」と入力し、検索。
見事に、ポットポットしたポットばかり出てきます。

あと、表示されるのは、車載用ポットばかりです。
あいにく、会社にはシガーソケットは無いので却下です。

次にグーグル先生に聞いてみました。
「小さいポット」と入力し、[検索]っと。
お、でてきたでてきた。
「ちいさな~」よしよし、「ミニカラフルな~」いいじゃん、「プランターポット」ガクっ⤵

植物用じゃんか!

めげずに探しますがなかなか見つかりません。

「『電気ケトル』で検索したら?」とのアドバイスで再度検索。ピッタリな商品が見つかりました。
いつもケトルとは呼ばないので、言葉が思いつきません。
ちなみにあなたは、「やかん」のことを「ケトル」と呼びますか?

これが僕が探した電気やかんです

これが苦心して、Amazonで探し当てた理想の「やかん」です。
デバイスネット「トラベルケトルスマート+ふた付ステンレス・マグ」(VA33-6510)【容量500ml】【変圧器不要!全世界で使える携帯ポット】

デバイスネット社?見たことも聞いたこともないメーカーです。
しかし、商品レビューを見たらなかなか高評価です。

そして、先にあげた「5つの購入ポイント」にピッタリなので購入しました。

  • ポットポットはそれほどしてない
    本当はティファールの製品が欲しかったんですが、ポットポットしすぎなんです。
    性能はホントに素晴らしいんですけどね。
  • 200mlぐらいだと4分で沸かせる
    さすがに通常の電気やかんよりは性能は落ちますが、性能的には満足です。
  • 500ml沸かせる。

理想通りの商品です。

意外とAmazonに書いてあるネガティブなレビューを読んでしまうのですが、説明書にネガティブな意見を吹き飛ばす説明がありました。メーカーの姿勢として好感が持てます。

実際に使った感想です。商品として、良かった点、悪かった点です。

まず、良かった点

  • 500mlを沸騰させるのに10分もかからない(7分30秒)
  • 音が静かで、グツグツなっている時間が10秒ぐらい
  • 海外でも使える。「100ボルト~120ボルト(国内用)」と「220ボルト~240ボルト(海外用)の切換えができる
  • きっちり沸騰している

次に、悪かった点

  • 本体からコンセントが離れないので、水を入れるときに気になる
  • やはり、使い始めは多少の匂いがする

あまり欠点は見当たりませんでしたね。

まとめ

今回購入した「マイポット」ですが、マイポット以上に感動したものが付いてました。
ステンレス・マグです。

何がいいかというと、160ccのお湯を入れるのにちょうどいいんです。

「ちょうどいい」と言われても、何のことだかわからないですよね。
実はほとんどのカップスープやインスタント味噌汁は160cc基準なんです。

会社に計量カップは無いので、160cc基準のカップは嬉しいんです。しかも、ふた付き。

だから、購入の際には「+ふた付ステンレス・マグ」をお勧めします。

では、「【自分用】ランチに使う!小さな電気やかんでアツアツの味噌汁を飲むぞ【海外用】」でした。

スポンサーリンク