2018.12|辛いカレーが苦手でも食べられる!セブンイレブンのアツアツ「カレーうどん」

最近、セブンイレブンの辛い商品ばかり食べています。

カレーは大好きなんですが、「辛いカレー」が大の苦手で、ココ壱番屋のカレーは辛すぎて食べられません。

そんなお子様の舌なんですが、セブンイレブンのカレーは、優しいピリ辛なので食べられます。「辛いけど辛くない」という不思議な味だと感じてます。

晩ごはんはカレーうどん

少し寒かったので、セブンイレブンでカレーうどんを買っちゃいました。体があたたまる食事と言ったら「カレーうどん」だと勝手に思っています。

今日も、いつも通り温めないで買ってきました。

買ってきた直後のカレーうどんは、こんな感じです。

まだ、温めてないので熱々感がゼロですね。

これをちゃんと時間通りに温めると本当に美味しくなるんです。時間通りでないと美味しくありません!
きっちり言い切ります!

きっちり 「500w 5分30秒 or 1500w 1分50秒」

自宅の電子レンジに1500wモードがないので、500wで5分30秒間温めます。

そうそう、この温め時間を適当にしている方が多いんですよね。電子レンジで温め時間をオートに設定して、出来上がりが熱すぎたり、冷たすぎたりで一定しない仕上がりで後悔。

そして、肝心の味が落ちてしまっている。とても残念なことです。

補足
インスタントラーメンは「お湯を入れ切った直後から、3分後に食べる」ことが一番おいしいとされてます。時間通りに作ることは基本中の基本です。

きっちり温めました

では、いただきます!

食べるときに、辛さを増したい方は「七味唐辛子」を入れてください。(以前は、七味唐辛子の小袋が付いていたのですが、残念ながら自分で用意してください)

どうですか?アツアツで美味しそうじゃないですか?

ツルッともっちり!カレーうどん 399円(税込 430円)

まずは一口!「あっっつい」。危うく口の中をやけどしそうになります。

うどんの食感は、ツルツルしてます。どちらかと言えば柔らかツルツルです。でも、フニャフニャはしていません。

大好きな豚肉を食べてみます。豚の薄切りでこれまた柔らかく仕上げてあります。カレーうどんには、やっぱり豚肉の薄切りがピッタリお似合いです。

よくよく考えたら、ゴロっとした肉が入ったカレーうどんは、食べたことないですね。

ニンジンが入っていますが、うす切りの割には少し固めです。ここは好き嫌いが分かれるところですね。

あと、気になったのは玉ねぎが少ないところ。入ってはいるのですが、少ないため存在感がありません。
玉ねぎが好きなので、残念でした。

しかしながら、トータルの味は「しっかりダシ」で、最後まで熱々で食べられます。

アツアツなのは、ゼラチンが入っているので、いい保温効果が得られているのだと思います。

食べ終わった感想

辛いカレーが苦手な人でもギリギリ食べられます。

カレーうどんをアツアツで自宅にいながらおいしく食べられるって嬉しいですね。最後に気が付きましたが、ずっとアツアツな汁でした。そして、カレー類を食べるときには、水ばかり飲むのですが、一杯も飲まずに食べられました。

普段は健康のため汁を飲まないのですが、おいしくて最後まで飲み干しちゃいました。

腹八分目で食べ終わりました。量はちょうどいいですね。

でも、カロリーが456kcalあるので、おにぎりと一緒に食べるとカロリーオーバーです。おにぎりはがまんがまん。

2018.12|セブンのキーマカレーは真っ白で「とろろ弁当」にしか見えないけど、ちょっぴりキーマがみえてたよ

2018/12/19

では、「【2018】辛いカレーが苦手でも食べられるセブンイレブンのアツアツ『カレーうどん』」

スポンサーリンク