池袋に「Viva la Burger」がやってきた!絶品ハンバーガーがまた食べられる!素直にうれしいです




無性に食べたいハンバーガーショップが、練馬からこの4月、店舗を池袋北口に移し、新規オープンしました。

「お酒も楽しめるリッチバーガー専門店」として新規オープンした「Viva la burger(ビバラバーガー)」です。

練馬時代には、ほぼ毎週通っていました。4月中は練馬時代のレギュラーメニューはありませんでしたが、5月連休明けからうれしいことに復活します。

練馬の美味しいハンバーガー ビバラバーガー (VIVA LA BURGER) が食べたい!

2018/07/03

残念ながら、禁酒中のためお酒は飲めませんでしたが、久しぶりのビバラバーガーを堪能してきました。

お店に向かいます

池袋西口から徒歩8分ぐらいで、ビバラバーガーに到着します。

西口からお店に向かう道のりがちょっと難しいです。GPSを使ってお店に向かうのが一番です。

住所は、〒171-0014 東京都豊島区池袋2-59-5 酒井ビル1F (TEL:03-6882-376)

分かりやすい道順は、丸井に一度向かうとわかりやすいです。

地図通りに進んでいくと、茶色いビルの一階にビバラバーガーがあります。

今回は14時から営業開始ということで、開店直後に訪問しました。

店内は、かなり明るくて清潔感があります。

ちなみに、夜の営業時の雰囲気はこんな感じです。

店内は広めにレイアウトされています。

注文します

今回はポルケッタが「ドーン」と入ったビバラバーガーを注文します。

ビバラバーガーにトッピングで「ハラペーニョ」を入れます。ビバラバーガーで提供するハンバーガーには、ピリッと辛いハラペーニョがよく合います。

ドリンクはいつも通りのジンジャーエールです。

練馬時代にポテトが付いていましたが、ポテト付ではないので別注文でポテトを注文します。

バーガー到着

久しぶりのビバラバーガーの味にワクワクします。

おそらく他店では食べられない味が、「Viva la burger」では味わえるので、オリジナルの味として楽しみです。

ビバラバーガーで飲むジンジャーエールも久しぶりです。

待つこと10分、久々のビバラバーガー登場です。

バンズの下にあるのは、パテではなく「ポルケッタ」です。ポルケッタとはイタリアのチャーシューです。いつも通り、見事に分厚いです。変わってなくてよかったー。

チーズもたっぷり入っています。

それでは、いただきます

バーガー袋に入れる儀式のときに、ずしっと重量感を感じます。これから一気に食べていきます。

ビバラバーガーの特徴の一つはバンズです。

挟んであるバンズは、フランスパンのような手触りです。叩いたら「コンコン」と音が鳴りそうですが、バンズの中はしっかり柔らかい。

そして、下のバンズは他店と比べ物にならないぐらい厚みがあります。あごがしっかりしてるとでも言いましょうか。このあごのおかげで、具が崩れず食べやすくなってます。

ポルケッタの味が独特で、食べた感じが「スモーキー」な味わいです。バーベキューソースと相まってまるで、バーベキュー場でハンバーガーを食べている気分になります。

ポルケッタの肉感と、パテの肉感で口の中が肉肉しくなるところへ、チーズが絡んできます。

トマトが若干薄いですが、酸味は強くしないほうがよいので、ちょうどいい感じですね。

トッピングで入れた「ハラペーニョ」が、アクセントでときおり顔をだします。常に辛いと違うバーガーとなってしまいます。邪魔をしないで、時々感じるアクセントが美味しさを引き出します。

追加オーダーしたポテトは、表面がテカテカしてます。

揚げ方を少し変えたのかもしれませんが、味が変わってません。

当然、ポテトにバーガー汁をかけて食べました。

ごちそうさま

ビバラバーガーには、アボカドバーガーはありません。てりやきバーガーもありません。

ソムリエ独特の感性で、オリジナリティあふれるハンバーガーを提供するお店です。

池袋移転後、味が落ちていないか心配してましたが、心配いらなかったようです。変わらない作り方で、肉の質もアップし、より一層美味しくなってます。

4月中はメニューを絞って営業してきましたが、今後はオリジナルメニューが復活します。名物のマンスリーバーガーも早く復活してほしいと思っています。

今後「Viva la burger」で、お酒もバーガーも拡充していくとのことなので、とても楽しみにしています。

Viva la Burger 公式

それでは「池袋に「Viva la Burger」がやってきた!絶品ハンバーガーがまた食べられる!素直にうれしいです」でした。

スポンサーリンク