こっそり教えます 下町すぎてあまり知られていない おいしくて濃いもんじゃ「もんじゃ よこた」

みなさん、もんじゃ焼きは好きですか?その質問をする前にもんじゃ焼きを知ってますか?

僕は大好きです!ただし、東京都内にあるメチャクチャ濃いもんじゃ屋でしかほとんど食べません。

そのお店は、僕が高校生の頃から通っています。もう30年以上食べているもんじゃ焼きのお店が墨田区にあるのです。

もんじゃといったら月島だが…

普通もんじゃといったら月島が有名ですよね。僕も何回かは行ったことがあります。
明太子チーズもんじゃ、サーモンクリームもんじゃなど美味しいもんじゃがたくさんあります。
しかし、僕は月島には行かず墨田区本所吾妻橋、しかも墨田区内の住宅街にあるもんじゃ屋さんに通ってるんです。

その名は「よこた

普通にもんじゃ枠じゃ収まりきれない「普通」じゃないもんじゃ屋です。

水分が少ないため、もめごとも少ない

一般的にあるもんじゃと違って、水分がとっても少ない「もんじゃ」なのです。

一般的には、もんじゃを食べるときは土手を作って食べますが、土手は一切作らない。

たまに”土手”を作る作業にうるさい奴がいますが、嫌みを込めて「親方」と呼んでます。「親方!こっちが浸水してます!土嚢を持ってきてください!」 と嫌みの一つも言ってます。

僕はうるさい奴がいるせいで、もんじゃの普及に待ったをかけてると思っています。

その点「よこた」は油がしみ込んだ鉄板へ、一気にもんじゃを「バシャっ」とぶちまけます。直後に、辺りは一気にソースの香ばしい匂いが立ち込めます。

出来上がりはこんな感じです。(少なめに入れています)

もうこの景色が50年以上に渡ってお店で続けられています。

唐辛子もいいよね~、ミルクせんべいもいいよね~

半世紀前には、よこたのおばちゃんが駄菓子屋としてもんじゃを開業し、その息子さんが継ぎ、現在も店舗は継続して営業しています。(数年前に息子さんは亡くなられましたが、味は変わってません)

駄菓子屋が出発点だけあり、今でもその名残としてミルクせんべいが置いてあります。(有料)

参考:食べログ

ビー玉入りのラムネも店内にありますので、ノスタルジックに包まれて、もんじゃを召し上がるのもたまにはいいですね。

駄菓子はごはんだよね (お母さんには内緒ね)

よこたもんじゃの特徴として、「量がメチャクチャ多い」と皆さんが言います。

もんじゃは最低一人前から頼むことができます。そのあとは、その一人前に「0.5人前」ずつ増量できます。

ある時、カップルが来店し「もんじゃ 2人前」と頼んだところ、「初めてかい?うちのは、でかいから二人で1.5人前で十分」と言われてました。(完食後、満腹で辛そうでしたね)

ちなみに3人前ぐらい頼むと「巨大ボール」で提供されます。かなりの迫力なので、ある意味インスタ映えしますよ。

参考:食べログ

近所の人が鍋やボールで「もんじゃ」を買いに来る

サザエさんではおなじみの光景。夕方になると「ぱーぷー」とお豆腐屋さんがリヤカーを引いて豆腐を売りに来ていました。

その時、主婦の方々が持ち寄ったのはなんと「家で使っている鍋やボール」。そこに買った豆腐を入れてもらう。

昭和初期には当たり前にあった光景。

よこたの近所の方は鍋やボールを持参して、「おみやげ」として買って帰るのです。今風に言えば「生もんじゃ」ですかね。

遠方から来た方も「生もんじゃ」が食べたいと思います。まさか、このために鍋を持ってくるわけにもいかないですよね。お店にタッパが用意されています。
おみやげ用に、ご利用されてはいかがでしょうか?(お店に事前確認してください)

とにかく、濃い味付けが好きな方は狂喜乱舞すると思う

味付けは一切お店任せです。ソースとかもお店が入れた分量でOKです。

基本はお客は味を足さない、具材を抜かない。

ソースが代々継ぎ足されている特製ソースなのです。他のお店で出せない味はこのソースに隠されています。濃い味が苦手の方は、少ししょっぱいかもしれませんね。

芸能人も多数来店されてます。

実は30年以上通っているのですが、「お好み焼き」は一度もここでは味わったことがありません。ですので、この記事の中にはほとんど「お好み焼き」とい言葉が使われていません。

よこたでは90%のお客様が「五目もんじゃ」か「よこたもんじゃ」を注文されます。もんじゃ以外の料理が店頭に出ているのを、本当に見かけたことがありません。

僕のおすすめは「五目もんじゃ」です。
「よこたもんじゃ」も美味しいですが、シンプルにもんじゃを味わいたいので、「五目もんじゃ」を毎回注文します。

ちなみにビールも頼みません。お腹がふくれてもったいない!
お店に訪問した時は、胃と腸はもんじゃで埋め尽くします。

皆様も同じように胃袋をもんじゃでギチギチにしていただきたい!そのくらい味わっていただきたいですね。

混雑時はかなり行列を作ることもあるので、できれば、予約をして行かれた方がいいですよ。

僕がおすすめする飲食店では50年生きてきた中でNO.1です。
ぜひ一度ご賞味ください

では、「こっそり教えます 下町すぎてあまり知られていない おいしくて濃いもんじゃ『もんじゃ よこた』」でした。

お好み焼きもんじゃ よこた

住所:東京都墨田区東駒形2-17-3

予約・お問い合わせ:03-3621-0536

営業時間:火〜土曜日 16:30~22:30(L.O 22:00)

定休日:日曜日、月曜日

予約可否:予約可

 

スポンサーリンク