2019|セブンのおひとりさま向け冷凍食品を徹底比較レビュー その6 〜 点心編 〜

セブンイレブンから発売されている冷凍食品 点心5種類をすべて実食!

世の中に出ている冷凍食品は、ひとり向けの使い切タイプの冷凍食品が少ないんですよね。

セブンイレブンの冷凍食品は、ひとり向けの冷凍食品が多く発売されています。

スーパーで冷凍餃子を買ってきても、食べきれずに冷凍庫に封を切ったまま残ってしまう。

セブンイレブンの冷凍食品なら、ひとり分だけ冷凍庫からパッと取り出し、サッと食卓に並べられます。

店舗によっては、セブンイレブンの公式ページに載っていない点心で、「旨辛胡麻だれ水餃子」があります。幻のようです。今回はその幻の水餃子もレビューします。

補足
これから5種の点心のレビューですが、どれを食べても満足だったことを先にお伝えしておきます。

焼き餃子

レンジで焼き餃子 128円(税込138円)

電子レンジ600Wで1分30秒温めます。思ったより早く出来上がります。

しょうゆ、酢まで書くなら、ラー油まで書いてよ

袋がパンパンにふくらみます。風船恐怖症なので、風船のようにふくらんだ袋はこわいこわい。

風船恐怖症って何? 珍しい恐怖症なので、どんな恐怖症なのか解説します

2018/07/08

パンッて鳴りそうでマジで怖いんですよ

袋のまま電子レンジに入れて、一人前が1分30秒で出来上がります。簡単で楽なので急いで餃子を食べなきゃいけないときには便利です。

トレイのままでも食べられますが、写真写りが悪すぎる

フライパンで焼いてありますが、温めただけなので「パリっ」とはしてません。そのかわり、モチモチした餃子の皮がとても口当たりがよいです。

焦げ目はついてますが、フライパンは使ってないのでしっとり

食べてすぐにわかるのが、ニラがシャキシャキしています。

ラー油をタレに入れてますが、その辛みと違う辛みが、ぎょうざ自体についてます。意外とピリッとします。

気にならないぐらいのにんにくが、少し入っています。食べているときはほとんど感じません。

大きさは若干ですが小さめです。しかし、5個入りで128円なら上出来ですね。

一分半でさっと作れてこの味なら何度でも食卓にあげたいですね。

セブンイレブンの冷凍餃子を冷凍とあなどるなかれ! ハッキリ言って美味しいです。

レンジで海老焼売

レンジで海老焼売 178円(税込192円)

温めた後に袋を開けるときに気を付けないとやけどします。

この蒸気口から熱風が噴出します

エビの香りがすごくしてきます。えび〜って感じです。

シュウマイは醤油派なので、失礼ながら準備させていただきました。

えびの風味がすごいんです

食べてみると、革がパリッとしてます。冷凍なので意外でした。
食べていると、エビの歯ごたえもあります。

皮はやっぱりパリッとしてなきゃ

喉越しに感じるひき肉が、餃子と違うシュウマイ味をしっかり出してます。

先入観かもしれませんが、エビシュウマイなのにボリューミーです。そして、誰が食べてもエビシュウマイとわかるぐらいはっきりした味です。

シュウマイの大きさは普通の大きさです

このエビシュウマイ一袋でご飯2膳はいけます。(ダイエット中なので実際は食べてません)

レンジで肉焼売

レンジで肉焼売 178円(税込192円)

ひとつひとつが大きなシュウマイ。

写真で大きさを伝えようとかなり近寄ってみました。


一つをつまんで何もつけずにまるっと口に入れてみました。

普段はこのような食べ方はいたしません。

そこには、お高級な肉まんの「まん」をとった味。それほどジューシー過ぎず、ひき肉が艶っぽく口に飛び込む感じです。

何もつけずにそのまま食べても、醤油と辛子につけてもどちらでも美味しくいただけます。どちらかと言えば醤油派ですから醤油+からしですね。

この一袋でご飯三杯はいけます。

たとえご飯が無くても、これだけでお腹いっぱいになります。

市販のシュウマイより味が濃いので満足します。これは冷凍食品じゃなくても、高レベルの味です。

大人でも子供でも喜ぶ味です。セブンイレブンの肉焼売は冷凍食品だけじゃなく、普通の総菜でだしても売れますよ。この味ならば。

シュウマイ好きなら一度食べてください。本当におすすめします。

特製点心 小籠包

セブンの冷凍小籠包は、点心シリーズでは珍しく「フライパン」を使います。

説明書きに「電子レンジ調理不可」とはっきり書いてあります。もっとサッと食べたいところです。

食べる前にフライパンの用意が面倒ですが、美味しく食べるために張り切って準備します。

うま味スープとフカヒレが決めての小籠包 185円(税込199円)

作り方は簡単です。

水が足りなくなったらきっと紙が燃えます

26cmフライパンの場合、200ccの水を入れると書いてあります。

26cmってこのくらいの一般的な大きさのやつです

これは紙コップの高さを超える水を入れると、小籠包が「水没」しますとの意味でした。

温め後、水をだいぶ捨てました

8分間、フライパンにフタをして、8分間中火で熱します。

中火って言われても料理しない人には…このくらいじゃないですか?

加熱後フライパンからカップを取り出しますが、かなり熱くて取り出しにくいので、やけどに注意して取り出してください。

温めるまでのくだりが長すぎましたが、できあがりです。

取り出しにフライパン返しを使いました

出来たては、苦労した甲斐があって、「アツアツのアツ」です。ひとくちでは食べられないので、レンゲの上で割ってから食べます。

レンゲにたっぷりのスープです

皮はモチモチしてます。スープは肉汁がにじみ出しオイリーで、のどごしは薄味です。

スープに味はついています。このままでも美味しいですが、生姜の千切りと酢醤油があったほうがより美味しく食べられます。

餡はいろいろな具材が入っていますが、ひき肉しか感じられません。

大きさは一般的な3センチぐらいです。若干厚さがペッタンコです。食べ進めれば大きくないので、一口で食べられます。

4つ入りで、185円(税込199円) です。一つ当たり約50円となっています。大きさと量を増やしたほうが満足感は得られますね。

旨辛胡麻だれ 水餃子

最後の点心ですが、セブンイレブンの公式サイトに掲載されていません。掲載されてませんが、水餃子も冷凍点心シリーズの一つです。

水餃子も袋のまま温めることができません。電子レンジかボイルで調理します。

ボイルだと六分も温めるので、電子レンジでサクッと温めます。

旨辛胡麻だれ 水餃子 198円(税込213円)

袋から取り出すと水餃子とタレが入っています。

タレは電子レンジで温められません

水餃子だけを電子レンジで温めます。袋を少し開けて600Wで長めの1分30秒加熱します。

長々書いてあるので読むのが面倒くさい

タレは「冷水で解凍します」と書いてありますが、じれったいので熱湯で温めて解凍します。きっと水だとタレが冷たくて水餃子が美味しく食べられないです。

水に見えると思いますが、触るとアツアツの熱湯なんですよ

時間どおりに温めると丁度いい温まり具合です。水餃子を元のトレイにもどします。

出来上がりはこんな感じになります。

見た目からしてモチモチしてます

食べてみるとモチモチであっさりしてます。

タレが辛そうに見えますが、ほんのチョッピリ辛い程度です。ラー油がほどよい辛さになってます。

練りごま味もしっかりして、万人受けする味だと思います。

中の具はそれほど多くないですが、しっかりひき肉の食感がします。

具がわかるようにタレは少な目にからめてます

肉には味がついていないので、よくタレをからめます。

からめ過ぎではありません!この位からめないと…

からめて、からめて

多くからめても、しょっぱくなりません。

こんなにたくさんタレが残るんです

残ったタレを冷ややっこと絡めてもおいしいと思う味です。

一袋のカロリーはこんなに味が濃くて196kcalと低カロリーです。ダイエット中にもいいのではないでしょうか。

まとめ

セブンの冷凍点心はどれを食べても皮がモチモチで、具もしっかりしてます。

一人前ずつ温められますので、ひとり暮らしには最適ではないでしょうか。

セブンイレブンの冷凍シリーズはおいしい料理がいつでも家庭で食べられる。いい時代になったもんですね。

それでは、「2019|セブンのおひとりさま向け冷凍食品を徹底比較レビュー その6 〜 点心編 〜」でした。

スポンサーリンク