鼠経ヘルニアは入院なしの日帰り手術なんか当たり前!さっさと切ってよかった




鼠経ヘルニアの手術を受けてきました。入院なしの日帰り手術です。

別名「脱腸」という病名のため、恥ずかしいという理由のため受診されない方が多いようですね。

そもそもヘルニアとは「元々あった場所から、何かが飛び出す」という意味なんです。飛び出しているため、膨らんでいます。

何かを元々あった場所に留めるには、手術しかありません。

今回は飛び出した腸が、2度と飛び出ない手術を日帰りで受けてきた話です。

ふくらみはスーパーボール大

患部は、ちょうど下半身のVラインに両手を当てたときの左の親指あたり。

参考:ヘルニア専門外来 | 済生会小樽病院

患部が大きく腫れる時があり、「大きなスーパーボール」を下腹部に入れたように見えます。

そんな状態を半年間ぐらい放置してました。放置でも問題がなかったためです。痛くもなく、スーパーボールは押せば元に戻りました。

この病気を放置するした理由は、「そのうち治るだろう」という思いと、「痛くなったら治療しよう」と考えで受診しませんでした。

受診の決断

ふくらみ自体は気にならないのですが、しばらくして「音」が鳴りはじめたのです。

「グ~~~」と、おなかが減った時の音に似ているのですが、音があまりに大きすぎるのです。

時には「ポコっポコっポコっ、ポコポコポコ」と、例えようがない音まで出始めました。音が鳴ることがとても恥ずかしく、何日も続くため受診を決めました。

どこで受診するか?

症状については、ネットで調べる限り「鼠経ヘルニア」だろうと、自己判断をしてました。

鼠経ヘルニアとは

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とは、上部の鼠径靭帯で鼠径部の皮下に出るヘルニアのこと。別名、脱腸(だっちょう)。

参考:wiki~脱腸

鼠径ヘルニアは手術以外での完治はありえないと言われています。

現在、入院しないでも、日帰りで手術ができる病院が多いので、その中から選びました。

都内にあり、鼠経ヘルニアの日帰り手術の実績がある「T病院」で受診することに決めました。

手術当日までの流れ

後日、診察のためT病院に診察予約をとり、都内にある病院に向かいました。

簡単な診察で「鼠経ヘルニア」との診断。症状と患部を触診するだけでわかるそうです。

その日に「手術をしますか?今しなくても大丈夫です」と、医師から手術の意志確認があります。

体内からの異音が日に日に大きくなっているため、すぐに手術日の決定しました。初診から手術日まで約20日間です。

手術方法は「腹腔鏡手術」で行います。

方法は両脇とおへその3ヵ所を切ります。それぞれ切開する幅が小さいため、カラダへの負担が少ない方法となっています。

手術内容は、お腹に大きくあいた穴をふさぐように、人口の「メッシュ」で穴をふさぎます。ふさいだメッシュで、2度と腸が飛び出さないようになります。

もっと早く手術をしたかったのですが、手術日がうまっており、最短の日程を選びました。

手術日まで

初診で手術の決断をしたので、手術のためにすぐに採血と心電図をとります。結果に異状があれば、最悪手術が受けられないそうです。

後日、病院から電話がかかってきて、手術を受けることに関して2つのことを言われました。

心電図で異常な波形が見られますとのことでしたが、「健康診断では問題がありません」と伝えました。

次に、ガンマGTPが異常に高いので、禁酒してくださいとのことです。

確か、肝臓の数値が悪いと傷の治りが悪い聞いたことがあります。ガンマGTPの数値が元々高いので、この指示に素直に従います。

手術当日

手術日が来てほしいような、怖いから来てほしくないような、複雑な心境で手術当日をむかえました。

今日は木曜日。日帰り手術で、午後から会社に行くことも可能ですが、当日と翌日は会社を休むことにしました。この決断は後日正しかったことがわかりました。

手術開始時間は10時です。手術に向けて前日から準備します。

前日の夜9時までに食事を済ませ、当日は朝6時以降の水分補給もできません。

のどが渇いたまま、10分前に病院に到着。

すぐに手術の準備が始まります。

手術開始

控室で手術着に着替え、痛み止めの薬を「水」で飲みます。のどが渇いていたので、手術前にのどを、うるおせてひと安心。

そのまま、点滴をされ、手術室に向かいます。

10時30分 手術開始。

手術台に乗った後は、酸素吸入器をつけられ麻酔注入。今の麻酔は点滴から麻酔薬を入れるので、痛い麻酔注射を想像していたので意外でした。

すぐに麻酔が効き、記憶がありません。

麻酔から覚めたのは、ちょうど12時。

起きたときは、意識がはっきりしませんでしたが、意外と早く意識がはっきりしてきました。

軽くパンを食べた後に、術後の生活について説明を受け、あとは手術費用の支払いだけです。

今回の手術費用は、健康保険を使って、約12万円です。

手術後

あまり痛みはないとの話でしたが、手術で切っているため多少の痛みは残ります。

病院を後にした後は、おなかをかばうように、ゆっくり歩いて帰りました。

そのまま自宅に帰りましたが、異常な眠気で起きてられません。この状態で仕事に行っても、仕事にならないでしょう。

翌日も眠気がひどかったので、会社を2日間休んで正解だと思いました。

術後の制限はほとんどなく

  • 食事制限はなし
  • 手術当日からシャワー浴が可能
  • 術後の運動制限なし

ですので、普段と全く変わらな

い日常生活がおくれます。

制限される事項は、「飲酒」と「運転」ぐらいです。

まとめ

術後3日経ちました。気づいたところをまとめます。

患部から変な音がすることが無くなったのは、とってもうれしいですね。

もう一つ個人的にうれしいことがありました。

尿の切れが悪かったのですが、普通に尿が出ました。残尿感もなくすっきりしています。鼠経ヘルニアが無くなったせいかわかりませんが、明らかに手術日以降に変化がありました。

すこし、手術をして左側の足の付け根に違和感があり、歩きにくいです。2週間ほどで違和感もなくなるとのこと。

お腹に力を入れると、少しだけ傷口が「ズキッ」としますが、それほどの痛みではありません。

金曜日に手術をしても、月曜日から普通に通勤できるぐらいの手術です。

鼠経ヘルニアで悩んでいる方。手術でしか治らないなら、早く決断したほうが、悩みが一つ早く減るのではないでしょうか。

仕事にも、生活にも支障が少ない日帰り手術はおすすめです。

今回の手術は、受けてよかったと思っています。

それでは「手っ取り早く日帰り手術 『鼠経ヘルニア』がこんな楽に完治なんてすごい!」でした。

スポンサーリンク