床屋に関する3つの悩みは、意外に男性では共通の悩みだった事実を知った

男は床屋で髪を切るかたが多いと思います。

意外と口に出して言われていませんが、床屋に関して3つの困ることがあるのです。

それは、実はあなたも口では言えないけど、同じことを思っていることでしょう。

インターネットで同じような人がいるのか、何度も検索しましたが、なかなか本音を語る人はいませんでした。

床屋を替えることが苦手

僕の場合、離婚をするたびに(バツ2^^;)引っ越しをしてます。引っ越し先で困るのが、「引っ越し先の床屋」に行けない。

だから、元々通っていた床屋に行ってしまうのです。

遠い時は、電車で片道一時間ぐらいかかるときもありました。

なぜ、行けないかというと、初めて行った床屋で店主と目が合った時に「おっ、こいつ初めてだな」と思われるのが嫌なのです。

勇気を振り絞ってお店に入って散髪台に座った時に、どのようにカットするかを伝えるのが苦手なんです。

「前髪を2センチ切って、横の毛は耳にかからないぐらいで。後ろ髪は刈り上げないで短めでお願いします。」

大体このフレーズに落ち着くのですが、このフレーズを言うのが苦手。

「そんな変な髪形でいいのかい?」と腹の底で思われてるのではないかと気が気でありません。

行きつけの床屋であれば、「前と同じで」とこの一言で済んでしまいます。

このくらいの気楽さになるまでは、「8カ月」は要します。

顔を剃られるのが苦手

床屋でしか顔が剃れないのに、剃ってもらうことが苦手。

カミソリが顔に当たると緊張しちゃうんです。

顔の全体に毛が生えてることは嫌なんですが、どうにもカミソリが顔に当たると「ヒヤっ」とします。

あの一枚刃のカミソリが苦手なんです。

「突然くしゃみをしたら、眉毛にグサッ!」「突然咳をしたらまぶたにグサッ!」と考えちゃいます。

まして、そんなカミソリが口元近くに接近してきたら口がモゴモゴ、ぐにゅぐにゅ意味もなく動かしたくなる。

動かしてはいけない! という思いがより増してそうさせてしまうのです。

馴染みになると、顔剃りはしないでください、とはっきり意思表示できます。

むかしに一度、勇気を出して初めての床屋に行った時です。

顔を剃るときに店主が「うちは一枚刃のカミソリが自慢です」と言われたとき、この店には2度と来れないなと思いました。

なぜなら、慣れたときに「顔剃りはしないでください」といった時、店主は悲しそうな顔になるからです。

トイレに行きたくなったらどうしよう

大抵の床屋さんて民家の一部に店舗を構えていると思います。

そうです。もし、トイレに行きたくなったら、民家のトイレを借りることになってしまうのです。

まだ、トイレを借りるにしても「小」であれば短時間で済みます。「大」をする時です。普通であれば「それなり」の時間がかかり

誰でも「大」をしてることがわかります。戻った時に「いやー、なかなか出てこなくて」とか言い訳するのもイヤなんです。

ですので、床屋に行くときは体調をベストに整え、トイレに何度も行き、腸内をカラカラにしてから床屋に挑みます。

何度かお借りしそうな事態になりましたが、なんとか自己努力で乗り切りました。

美容院みたく、店内に「TOILET」と書いてある床屋ができないものでしょうか。

まとめ

いろいろ、僕のことを書いてみましたが、ところどころ、いや、全部当てはまっている方がいると思います。

この話をやっと行きつけになった床屋の店主に話したら、同じ悩みを持たれる方は多いですよとのこと。

なので、あなただけではないので気楽に床屋さんに行ってみませんか?


スポンサーリンク