健康診断の前日に断酒しても無駄!なので、2週間をお酒を控えてみる←これも無駄

2週間と短い期間ですが、お酒を控えることにしました。なぜか?

健康診断だからです。

健康診断のために、お酒を控えるという姑息な手段に出ました。

今回、なぜお酒を控えるのか?

TOKIOの元メンバー山口くんの影響ではありません。

実は肝臓の数値(γ(ガンマ)-GTP)が、かなり悪いのはわかっているのです。

何故なら、少し前に受けた血液検査でひどいことになっていたのです。

ここにその時の結果があります。ここにショッキングな健康診断結果の画像があります。
心臓が悪い方が赤丸内を見るときは、目を細めてご覧ください。

どうですか?

ひどいものですね。成人男性のγ-GTP(ガンマーGTP)の上限値は「79」なのですが、上限値の約10倍です。

γーGTPはお酒だけではなく、インスタントラーメンや薬などでも上がります。ここのところ、特に食べたり飲んだりはしてません。

この採血をした時から、飲酒の改善も行わず現在に至るので、もっとひどいことになっているのは明らかです。

このままでは妻にひどい数値がバレてしまうので、たった2週間だけども毎日の晩酌をやめてみることにしました。

ちなみに、γ(ガンマ)-GTPの数値が高いと何が悪いのか知っていますか?

答えは、γ-GTPが高ければ高いほど、肝臓の細胞が破壊されている状態と言うことです。壊れた肝臓細胞が血液に溶け出している値だそうです。

控えてどうにかなるの?

肝臓の数値が高い人が、1カ月間お酒を飲まないことにより、肝臓の数値が劇的に改善されます。人にもよりますが、「半分の値」になる人もいます。

ですので、2週間しかないですが、肝臓の数値が良くなることを期待して実施します。

毎日お酒を飲むことが楽しみですが、その楽しみによって体が痛めつけられているのも事実。

肝臓の動きは目に見えませんが、アルコールを飲み続けたことにより、肝臓に悪影響を与えたことはわかりきっています。

実際に起きている悪いこと、良いことをお話します。

お酒を続けて起きた悪いこと

  1. 痛風になった
    これは本当にアルコールが原因でなったと思います。ビールは飲みませんが焼酎が大好きで毎日、焼酎(25度)をロックで3合飲んでました。なので「ビール=痛風」ではなく「アルコール=痛風」だと思っています。
  2. 痔になった
    アルコールを飲むことにより慢性的な下痢により切痔になりました。肛門に炎症が起き、「肛門ポリープ」というものを発症してしまいました。
    アルコールは痔を悪化させる元凶だそうです。
  3. 仕事に影響が出始めた
    お酒は睡眠不足になるって知ってましたか? 実際に眠っているようですが、睡眠が浅いそうです。ですので、日中に眠気が襲ってくるそうです。僕も晩酌を毎日行っていますので、毎日眠いです。

次に飲み続けて悪いことを改善したら良いことが起きました。

お酒をやめて起きた良いこと

次に書かれていることは、一昨年に僕が同じように禁酒を1カ月したときに実際に起きたことです。
こんなにいいことなら続ければよかったのに・・・というツッコミは無しでお願いします。

  1. 御飯が美味しくなる
    これは本当に美味しくなります。それに加え、二日酔いの時はあれほど食欲がないのに、二日酔いがないので食欲が増します。
  2. 便が固くなる
    これもまた、ビックリするぐらい固くなります。今まで「僕、軟便なんです」と言っていたのが嘘のようです。
  3. お金がかからなくなる
    一日約500円の晩酌代としても、1カ月で15,000円、一年では約180,000円のお金がかかっています。これはもう明らかですね。

お酒をやめるときの辛いこと

大好きなお酒を断つのは辛いです。その時の辛いことはこんなことが起きました。

  1. 寝つきが悪くなった
    一般的によく言われますよね。寝つきが悪くなるって本当です。しかし、翌朝の目覚めは意外とさわやかです。恐らく熟睡しているおかげだと思います。
  2. 太る
    アルコールの摂取カロリーがなくなることで痩せる方が多いのですが、僕の場合は、ごはんが美味しくなってモリモリ食べました。おかげで8キロも太ってしまったのが辛かったですね。
  3. 間が持たなくなる
    飲んでいるときは常にグラスを持っていたので、間が持たなくなります。
    これはほかのことで気を紛らわすことしかないと思います。間が持たないときはブログでも書くことがいいと思います。

お酒をやめるには

僕の場合、薬に頼ることにしました。「ノックビン」という薬です。

このお酒を飲むとどうなるか? 簡単にいうとお酒が飲めない状態になります。昔風にいうと「下戸」状態になります。

お酒が飲めない人がお酒を飲むとどうなるか?

吐き気、めまい、頭痛などの症状を起こします。ノックビンを服用するとそのような状態になるので、お酒を控えることが可能となります。

また、「アルコホーリクス・アノニマス(AA)」や「断酒会」に参加することも断酒への有効な手段となります。

お酒に関して医師からのアドバイス

実は、アルコール専門外来に通院してた時期がありました。

自分ではアルコール依存症と思っていなかったのですが、次のようになるとアルコール依存症の疑い濃厚となります。

気になる方は以下の方法を試してみてください。

  1. 両手を前に突き出してください
  2. その際、突き出した両手の力を抜きます。指先に力を入れないでください

この時に指先が小刻みに震えている場合、アルコールが切れによる震えとのことです。

実際やってみましたが、やはり震えました。アルコール依存症と断言されました。

その際、医師から言われた言葉は今でも忘れません。

「今は事故もなく生きている。でも、このまま飲み続けることにより事故にあったり、病気になったりする。それで悲しむのは、あなたでは決してない。悲しむのは家族だよ」

かなり、心に響きましたね。

ちなみに「今夜、すべてのバーで…」という本がありますが、ここに描かれている世界だけがアルコール依存症の世界ではありません…

今後の目標

2週間後の健康診断まで「禁酒」を実施します。
そのまま、「お酒を飲まないようにしたい」と思っています。でも、付き合い等があり現実的には難しそうです。

アルコール性肝炎も怖いので、連続飲酒ではなく毎日の晩酌を控えます。

【追記】

数値に変化なしでした。変化がないので、今度断酒をするときは1カ月以上控えてみます。

それでは、「健康診断の前日に断酒しても無駄!なので、2週間をお酒を控えてみる←これも無駄」でした。

ABOUT US

1967年5月生れ 埼玉県出身 東京都在住 血液型はA型に見られないけど”A” 趣味はTVゲーム 特技は信号の変わるタイミングを覚えること 「食」と「健康」を中心に記事を書いています。 年齢が50歳を超え、これからの人生において、健康を意識しなければならないと思い始めています。 皆様へ、有益な健康情報をお伝えできるよう頑張ります。