50代のためのプライベートバッグならコレ!あえて選ぶ「ワンショルダー」がおすすめなワケ




夏は軽装になり、ポケットがどうしても足りなくなりますね。

そこで夏場は、バッグを持ち歩くことにしてます。昔は「セカンドバッグ」を持ち歩いてましたが、今はもう古臭いのでヤメです。。

僕はボディーバッグだったら「ワンショルダーバッグ派」です。今、若者の間ではウェストポーチが流行っているそうです。

でも、50代の人間からすると昔流行ったウェストポーチ。今さらな感じがしちゃいますね。逆に若者たちには新しく見えるからおもしろいものですね

お気に入りワンショルダーバッグ

で、僕が使っているのがこちら

案外これが使いやすいんです。

表地もデニム生地のようです。ジーンズにこのバッグはフィットします。

見た目はちょうどいいサイズで、バッグ自体が軽い(480g)ため、重い荷物を入れても負担になりません。

吉田カバン(PORTER)はどれも良い

ちなみに、同じポーターの商品で「HYBRID ハイブリッド ショルダーバッグ 737-17804」と比較しました。

でも、ちょっと大きくて、このくらいだったら思い切ってデイパックを選択します。

正直言うと、「FF7のクラウドの剣」ぐらいの大きさです。(いいすぎ)

大きなカバンが好きでしたら、気に入ることでしょう。

大きさ以外は、ドンピシャで気に入ってたんですが断念しました。

このバッグを選ぶときは、肉体改造をして体を大きくしてから購入するようにします。

マイバッグのいいところ

バッグを選ぶときに、表地は革も選択肢にありました。

このバッグにも革製バージョンもあったのですが、表地が「コーデュラダック」を選びました。

ラフに身に着けられる感じが気に入り選びました。

このバッグのコンセプトは色落ちもデザイン要素なので、色褪せてくるのも魅力のひとつです。

わざと洗って色落ちさせるのもありかな? でも、型崩れしそうですね。

マイバッグの不満点

大満足なバッグですが二つほど不満点。

1つ目は、容量は少ないこと。

ペットボトルは入りますが、入れてしまうと他の物が入れにくくなります。

もしペットボトルを持ち運びたい場合はこんなものはいかがでしょうか?

ちなみに持ち歩いているもの

普段の持ち物はこんなものを持ち歩いています。

  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • 汗拭きシート(夏場)
  • 充電器
  • 26cm折畳傘
  • サングラスケース
  • 財布
  • スマホ

メインの収納部分はの仕切りは一つのみ。マジックテープが付いているので安全のために財布を入れてます。
この時点でペットボトルを折りたたんでも入りません。

外側のファスナーには、取り出しやすいようにスマホを入れてます。

一番外のポケットには取り出しやすいようにハンカチ・ティッシュを入れてます。

夏場はすぐに顔がベトベトになるので汗拭きシートで小まめに顔を拭いています。

2つ目はキーフックが邪魔。

内部にキーホルダーが取り付けられるのですが、これが取り外し不可能。荷物を取り出すときに引っかかるときがあります。

鍵はポケットに入れる場合もあるので、外れる仕様がうれしかったですね。

ファスナーが固い

最初のうちはファスナーは固めでした。ちょっと使いにくいかなと思いました。が、使い込んでくるとスムーズに動くようになってきます。

 

まとめ

色がジーンズ生地のように見えるので、50代でも違和感なく使えます。

目立つわけでもなく、かといっておじさん臭いわけでもない。プライベートバックは、あえて若めなバッグがおすすめ。

夏場など小物をポケットが少なく、外出時にはポケットがパンパンになりがち。

かといって、手提げバッグは邪魔になるし、デイパックほど入れるものがない。そんな時は、小さめの「ワンショルダー」がちょうど良いサイズです。

お値段も「PORTER」としては高くはないので、買いやすいのも魅力です。

今までは、プライベートでカバンを持つことはありませんでした。スマホを使用するようになり、充電がすぐに切れてしまうため「充電器のため」に持つようになりました。

スマホの電池もちが良ければいいのですが、特に最近のスマホは、電池切れが早い気がします。

電池切れが早いため、充電器をバッグを持ち運びするようになりました。一緒に大人としての身だしなみを整えるハンカチやティッシュを持ち歩くようになりました。

それでは「50代のためのプライベートバッグならコレ!あえて選ぶ『ワンショルダー』がおすすめなワケ」でした。

スポンサーリンク