2019.03|セブンの定番「若鶏の唐揚弁当」映える暇なし!男の爆速にんにく弁当だ!

今回は、めずらしく新製品ではなく、定番のお弁当を食べてみました。

存在は昔から知っていたお弁当ですが、いまいち手が伸びなかったのです。

それが「若鶏の唐揚弁当(にんにく醤油)」です。にんにく醤油だと、平日は仕事の都合上、社会人として食べられません。

今日は休みなので、思いっきり食べてみました。食べながら「ん!?これは男の弁当だ!」と思えたので、合わせてポートします。

思いっきりのいい弁当

シンプル過ぎるだけあるので、今回のレポートは爆速でお送りします。

レンジで2分(500w)で温めは、誰も皆平等に待たなければならない時間なので、じっと待ちます。

開封してるときから、にんにくの香りがあたりに広がっていきます。ん~、食欲がそそられます。

では、温め直後の、「若鶏の唐揚弁当」を真上から見てみましょう。

どうですか?

入っているのは、唐揚、おしんこ、ごはんだけです。

まったく映えてません。でもいいんです。

なぜなら、「映える必要性」が全くないのです。

このボリュームで、成人男性なら速攻食いができる人なら「2分」で食べ終わります。女子でも本気を出せば、5分はかからないでしょう。しかし、量が少ないから早く食べられるわけではありません。

茶色く単色の弁当は考えながら食べません。食べることだけを考えて食べる弁当なのです。

唐揚だけで食べる

彩りは、おしんこだけ。きんぴらごぼうやマカロニサラダなど入ってません。むしろいりません。

主役は唐揚!唐揚一点豪華主義が男らしさを感じます。

唐揚以外はいらんのじゃ!

その肝心の唐揚ですが、にんにく醤油の味がしっかりついてます。醤油をかけて食べることが多いのですが、醤油は絶対にいりません。味をそこねてしまいます。

肉には弾力があり、柔らかくサクッと噛み切れるので食べやすい。衣も電子レンジで温めても、パリっとしてます。

唐揚の味付けがしょっぱめなので、いやでもご飯がすすみます。

食べすすめると、のどがからっからに乾いてきます。

こころなしか、ご飯がパサついてる気がします。もしかして鶏の食感とあわせ固めに炊いてるかもしれません。ごま塩がかかっていますが、塩味は全く感じません。

「サラダがほしい」「箸休めがほしい」など、弱気になりがちですが、ここは「唐揚(にんにく醤油)」だけを食す意志を貫きます。

気が付いたら一心不乱に食べてました。

こんなに爆速で食べる予定ではなかったのですが、にんにく醤油の唐揚がそうさせたのでしょう。

もう、ごちそうさま

唐揚の量に対して、ごはんはジャストの量でした。

一気にお弁当だけ食べましたが、味噌汁と一緒に食べても、きっとおいしいと思います。味が濃いだけに薄めのみそ汁が合いますね。

2019|セブンのフリーズドライ全種比較レビュー ~①みそ汁編~

2019/01/03

食べ終わりになって、唐揚弁当によく入っている「パスタ」が、ないことに気が付きました。

なぜ、お弁当にパスタか?
あげものなど、温度が高い食材をお弁当の容器に入れると溶ける場合があります。容器が溶けないよう、パスタを容器保護のために、入れるようになりました 

パスタが入らないということは、容器の強度が上がったのでしょう。嬉しいことですが、パスタが減ったのは残念で寂しいです。

インスタ映えを気にしたたべものが、増えてきた中で茶色一色のお弁当は逆に新鮮でした。

箸が迷うことなく唐揚だけを食べ続けて、食べ終わりは大満足でした。ごちそうさまでした。

汚れが全くついてない食べ終わりの容器

それでは、「【2019】セブンの定番「若鶏の唐揚弁当」映える暇なし!男の爆速にんにく弁当だ!」でした。

スポンサーリンク