「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」を読んで幸せ気分になった。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」を原作で読んでみました。

しばらくぶりにツボったので、この思いを共有したいと思います。

この本は2011年7月に書籍化されました。

この本の書籍化のきっかけは「Yahoo知恵袋」に質問として「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」が投稿されたことによります。

読むきっかけ

「Kindle Unlimited」に加入しているのですが、何気なく本を選んでいたら「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」と、なんともよくわからない不思議なタイトルが目に付きました。

なんと
この不思議なタイトルをググってみたら、なんと映画化されてるではないですか

すでに上映が終わってしまったので、映画の方はビデオ化されるのを待つとします。

なぜ、読もうかと思ったか。なんか、楽しそうな奥さんが想像できるじゃないですか。

もし自分が家に帰った時に、目の前に死んだふりをした奥さんがいたらどう思います?

見た瞬間はドキッとすると思いますが、その後、必ず笑うのではないでしょうか?

そして、なぜそんなことをするんだろうと思い、読んでみたくなりました。

あらすじ

おもしろい奥さん

この奥さんのとっても破天荒な魅力が絶妙に表現されています。

漫画部分は、特にじょうずな絵ではないのですが、何か引き込まれてしまう絵です。

死んだふりのエスカレートぶりは、一貫性がありそうでないので、そこも面白いところですね。

また

、死んだふりをするときの小道具がだんだんエスカレートしてくる。

「死に方」に芸術性が加味されるときがあるんです。

ダイイングメッセージに「カツオ」と書いてあり、その日の夕食にはカツオが並びました。

翌日、マックのドナルドで死んでいたら「マックのハンバーガー」を想像しますが、その日はハンバーガーではない。

このあたりがツボりましたね。

それで、奥さんに理由を尋ねました。答えは「べつに…いたずらよ」とのことです。

死体だけではない

マイケルジャクソンにもなります。

腰を痛めて一週間安静にしなければならない旦那さんのところに、奥さんがやってきます。

マイケル・ジャクソンの恰好をしてやってきます。

インド人にもなります。

なりきり方がはんぱないです。

この本から学んだこと

やっぱり、明るい家庭はいいなと思いました。

そして、なぜか幸せな気分になりましたね。

この奥さんは、本当に行動が可愛いですよね。

一生懸命がんばって、家庭を温めようとしているところが共感できました。

やり方が正しいかどうかは別として、その気持ちが一番大事だと思います。

ここに描かれている家庭像はひとつの理想形だと思います。

この本に書かれていることを、ちょっと実践してみようかな、と思ってしまいました。

それでは、「『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています』を読んで幸せ気分になった。」でした。

#本当に楽しい本でした

 

 

スポンサーリンク