【500円貯金】禁酒でつもり貯金をするなら「10万円貯まる本」を使うべき3つの理由

最近まで禁酒をしてました。

肝臓の数値が基準値以下を目標に、禁酒を続けました。

そうだ!どうせ禁酒するなら、つもり貯金もしちゃおう!

そうしたらなんと、11万円貯まっちゃいました。

これで11万円あるんです

つもり貯金をするには「コツ」があることに気が付きました。

これからつもり貯金をする方の参考になるよう解説していきます。

つもり貯金とは?

「タバコを吸ったつもり」「お酒を飲んだつもり」「ケーキを食べたつもり」など、ホントはしたいけど、我慢して使った分を貯金する方法です。

また、購入した物が思ったより安かった時に貯金する「つもり貯金」もあります。

貯金のコツ

つもり貯金をするには、3つのコツがあります。

500円玉貯金がベスト

100円玉でもよいのですが、せっかくのつもり貯金ですので、我慢している金額に近い額の貯金がベストです。

今回禁酒のつもり貯金は、一日500円分のチューハイを飲んでいたので500円ずつ貯金をしました。金額的にも500円はちょうどいい金額です。

貯金額を把握

つもり貯金を始めてわかるのが、意外とお金が溜まっていないことに気が付きます。

缶で貯金してましたが、「はて?今いくら貯まっているんだろ?」と気になっちゃいます。

そのためにも、つもり貯金をするときには、金額を把握できた方が気にならないで続けられます。

ワンポイント
ブタの貯金箱は可愛いのですが、中身が見えないので、貯まった金額がわかりません。
「もういいだろう」とブタの貯金箱をトンカチで壊して、お金を取り出しても想像した金額より間違いなく低いです。

目標を設定する

つもり貯金でずっと貯め続けるのは、何かむなしくなってしまうので、ゴールを設定します。

期間でもいいし、金額でもいいのでゴールを設定してください。

おススメ貯金本

つもり貯金にピッタリの貯金箱を見つけました。

「10万円貯まる本」ってネーミングが素敵

本タイプの貯金箱ですが、これがつもり貯金をするのにピッタリなんです。

まず、500円玉だけで貯めていきますので、溜まっている金額がすぐにわかります。

500円玉をはめていきます

1ページ貯めると1万円です。10ページ分500円玉で埋めると10万円貯まります。

この本のいいところは、日本橋を出発し、日本一周ができる本になっているところです。500円玉をはめていくことにより、一歩一歩進んでいきます。

日本のことを知っているようで知らない

500円玉をはめた場所の解説もついていますので、日本各地のちょっとした小ネタを仕入れることができます。

全部で200カ所の地域小ネタがちりばめられてます

この本のゴールは10万円ためることですが、10万円にこだわらず好きなタイミングでやめることもできます。

また、何度も使うことができるので、つもり貯金をするときに再利用することも可能です。

ちなみに表紙を裏返しにすると、10万円を貯めている本には見えなくなります。

この中に10万円あるとは思わないでしょ

つもり貯金の注意点

義務で貯金しない

お金がない時や、つもり貯金ができない場合は、無理して貯金しなくていいです。義務化すると貯金が苦痛になります。

小銭が手に入らない

電子マネーで支払いをすると、小銭が手に入りません。手に入らないと貯金をしなくなります。

無理して貯金することではないですが、小銭を手に入れるように支払いを工夫しないと貯金ができません。

まとめ

この本は定価で1,500円ほどで、貯金箱としては高いのですが楽しんで貯金できる点は他とは違います。

「10万円貯まる本」はいろいろな種類がでていますので、気に入った10万円本を探してみるのもいいですね。

この本は10万円貯まりますので、好きなものを買う、大切な人に贈り物をするなどいろいろな使い道があります。

  • 奥さんに指輪を買ってあげる。
  • 両親に旅行をプレゼントする
  • 自分が欲しかったものを思い切って買う

10万円あれば、いろいろなことができます。

貯まったお金を有意義に使って、みんな笑顔になれるといいですよね。

それでは、「【500円貯金】禁酒でつもり貯金をするなら『10万円貯まる本』を使うべき3つの理由」でした。

スポンサーリンク