【動画あり】ハンディ扇風機選びで失敗しない!これがおすすめの1台だ【強風すぎ】




今年は、すごいハンディ扇風機を見つけちゃいました。

小型なのに、「ものすごい風」がくるんです。しかもハンディータイプなのに卓上でも使えちゃいます。

ステキなハンディ扇風機に出会えないあなた! 必見です。

こんな失敗ないですか?

暑いときに外出先でも、オフィスでも大活躍するハンディ扇風機。

ネットで小型で軽量なものを探して購入。いざ、使ってみたら、風量が弱くて使い物にならない。

そういう経験ないですか?

風が強力なんて書かれても、送られてきた商品をつかったら、そよ風みたいな風がくるだけ。しかも、風量に反してモーター音が大きい。

昨年買った小型扇風機なんですが、顔に3cmぐらい近づけないと風を感じない。はっきり言って失残念な買い物になっちゃいました。

今年は失敗したくないので、実際に商品を手に取り、試してから購入しようきめました。いろいろなところを探しました。ネットじゃ、風の強さは伝わりませんからね。

そして、素敵なやつ見つけました。即購入です。

これが「Silky Wind Mobile」

2019年4月13日に、リズム時計工業株式会社から発売された「Silky Wind Mobile(型番:9ZF026RH02)」です。

シルキーウィンドモバイルと読みます。

他のハンディ扇風機に比べて感じたことは、風がまっすぐ吹き付けてくるところでした。ファンに顔を近づけたら、前髪が乱れるくらいすごかったです。

実際の大きさがわかるように、シルキーウィンドをペットボトルと並べてみました。

小さい、薄い、軽い

このシルキーウィンドには、特徴的な3つの良い点があるんです。

3つの特徴

風が強い

小型でも、卓上でも、扇風機で一番大切なのは当然風です。

このシルキーウィンドは、2重反転ファンになっているため強い風が送れるんです。

ファンが2枚になっています

ファンが2枚になっているため、小型なのに強い風が送れるようになっているんです。

2重反転ファンという構造になっています。簡単に説明すると、下の図のように風を取り込むファンが、風を送り出すファンに風を供給するしくみです。

参照:リズム時計工業株式会社 | お知らせ

満員電車でも使える

満員電車でハンディ扇風機を片手に持って乗車するのは、腕が周りに当ってしまい迷惑をかけます。

シルキーウィンドは、「カラビナ」が付いているのでストラップにぶら下げられます。重量も「135g」と軽量なのでぶら下げても疲れません。

ストラップはついてません。100均で購入しました

満員電車でシルキーウィンドをストラップに掛けてシャツの中に入れてしまえば、周りに風をまき散らすことなく、自分だけ風を浴びることができます。

会社のデスクでも使える

専用のスタンドが付いてますので、デスクの上に置くことができます。風量が弱と中は、ファンの音は気になりません。周りに迷惑をかけずに涼むことができます。

デスクの上が汚いので、休憩室で撮影

また、スタンドも小さく、本体も薄いのでデスクの上で邪魔になりません。

スタンドの角度もよく、ガタガタしません

なお、首振り機能はついてません。手に持って使えるので、首振り機能は無くても十分です。

ここがちょっとダメ

いいところばかりじゃなく、ちょっと「ここがだめ」という点です。

風量が4段階の切換え式になっています。弱 → 中 → 強 → ターボの順に切り替わっていきます。

弱と中は、静かにファンが回っているのですが、強とターボはかなりの回転音です。

電源を切るにはターボを通り越さないと切れないため、一瞬大きな音がします。周囲が静かな時は、ちょっと音が目立ちすぎます。

その他のスペック

・風量

風量4段階(弱・中・強・ターボ)切替式

正直なところ、「弱」と「中」だけでも十分涼しいです。ターボは髪の毛が乱れます。

・稼働時間

稼働時間は、最長8時間使えます。

風量ターボ
時間8時間4時間1.5時間 0.5時間

・充電

満充電までの時間は約3時間と、短時間での充電はできません。最長8時間の間稼働し続けることは無いので、実際の充電時間は3時間もかかりません。

・充電方法

充電方法は「USB TypeC」を使います。充電時間は満充電まで約3時間です。USBケーブル TypeC(30cm)が、付いてきます。USBケーブルですので、パソコンからでも充電ができます。

風量を動画で検証

いくら風が強い、静かでも実際に見てみないとわからないですよね。

今回は普通のティッシュ(2枚重ね)をシルキーウィンドにセロテープで取り付け、手動で操作しました。

弱 → 中 → 強 → ターボの順に切り替えていきます。

いかがですか? 未編修でお届けしました。

強とターボは、うるさいですが、弱と中は静かです。動画では、弱と中がかなり弱い風に見えますが、実際は動画より風がでています。

こんな方におススメ

  • ハンディータイプで、小型で軽量、強い風が出る扇風機が欲しい方
  • 卓上扇風機としても使いたい方
  • 手ぶらでも使いたい方

 

まとめ

電池タイプのハンディ扇風機は、電池が少なくなってくると風量が落ちてきます。しかし、充電タイプならば、充電がなくなるまで風量が一定しています。

充電がTypeCなので、お手持ちのモバイルバッテリーで充電しながら使えます。

公式サイトより
ファンを回しながら充電した場合、「強」と「ターボ」では充電量よりも放電量の方が多いため、充電できません。

通勤、通学中やデスクの上でも、シルキーウィンドが涼しい風を送り続けます。

今年の夏は、シルキーウィンドモバイルで、暑い夏を涼しく過ごします。

公式ページ:Silky Wind Mobile(リズム時計工業株式会社)

それでは、「【動画あり】ハンディ扇風機選びで失敗しない!これがおすすめの1台だ【強風すぎ】」でした。

スポンサーリンク