2019.04|セブン「ペッパーチキンバーガー」は専門店にない味でガチに仕上げてきた




セブンイレブンから、2019年4月16日に新発売された「ペッパーチキンバーガー」を発売日に食べました。

今回の「ペッパーチキンバーガー」は、バーガー好きをうならせる味に仕上がっていて驚きました。

いろいろな企業からバーガー参入のニュースが聞かれますが、セブンイレブンこそ「バーガー専門店」を作ってもいいんじゃないですかね。

そのくらいペッパーチキンバーガーにはやられました。

実食前に

手に取った時に真っ先に感じたのが重さです。「あ、重い!」と思うぐらいズシっときました。

ペッパーチキンバーガー 276円(税込298円)

セブンイレブンの製品紹介にはこうありました。

粗塩、粗挽きペッパー、ガーリックなどでローストチキンにしっかりと味を付け、すっきりしたレモンマヨネーズ、食感のよい玉ねぎと組み合わせました。

ペッパーチキンバーガー – セブン-イレブン

コショウが強めのフライドチキンが入っていると思っていました。正直なところ、なんとなく味の想像がついたので、あまり期待しませんでした。

ここで色々間違えていたことを、反省することになります。

幅広い年齢層から募集中! MUSIC PLANET ヴォーカルオーディション

さて、実食です

袋から取り出してみました。

チキンがでかい!

開けてビックリしたのが、フライドチキンじゃない! クリスマスに食べるローストチキンだ。

確かに「ローストチキンにしっかりと・・・」と書いてあった。間違えていたことに、開けてから気が付きました。

「ごめんなさい」と思いつついただきます。

まず、感じるのがチキンの存在がすごい。「存在感」じゃなくチキンの存在そのものがすごい。それほどブラックペッパーのスパイシーさは感じず、ローストチキンをクリスマスに食べるように味わいます。

写真でお分かりのように、チキン以外の具がありません。レタスなどを入れる場合がありますが、何も入っていません。ほかの具材でごまかさず、チキンの味で勝負しています。

チキンの味付けは、すごくあっさりしたレモン風味マヨネーズソースをメインとしています。

ソースがいい意味で、少ない量なんです。たっぷりソースのバーガーですと、味がしつこくなり、何を食べているかわからなくなります。

その点少ないソースでうまみを引き出しています。そしてレモンの風味が、しっかり口に残ります。レモンの余韻が感じられます。

レモンを感じた後にブラックペッパーのスパイシーを感じます。

バンズは甘くてふっくらふかふかです。

チキンは本当に噛みごたえが「すごい」の一言です。

歯がささるチキン

こんなにすごい厚みのチキンが入っているから重かったんですね。

最後に大きな口をあけて、ごちそうさまでした。

まとめ

大手のバーガーチェーンにもない味です。また、ワイルド系バーガーショップでも見かけたことないですね。

一つの食材のみで、うまくまとめたバーガーを発売するあたりが、セブンイレブンの技術の高さですね。

ボリューミーなので、これ単品で夕飯になります。カロリーは424kcalありますが、今回は気にせず食べました。

セブンイレブン商品のご紹介だったのに、危うくバーガー専用カテゴリー「東京バーガー巡り」に入れちゃいそうでした。

そのくらいインパクトがある美味しいバーガーでした。

それでは「【2019.4】セブン『ペッパーチキンバーガー』は専門店にない味でガチに仕上げてきた」でした。

2019.04|セブン 「テリマヨベーコンエッグバーガー」は主役級の具材が活かせなくて残念……

2019/04/23

スポンサーリンク