【習い事】そろばんのデメリットは存在しない!計算がとにかく早くなる

子供の習い事で悩んでいますか?

僕はそろばん塾に通わせることが「人生にとって役立つ」、「実生活で役に立つ」と信じています。

そろばんが生活するうえで、これほど役に立つとは思っていませんでした。

僕はそろばんを習っていました。そろばん2級、暗算2級です。

「珠算は学力ではなく能力」と言います。

ただし、そろばんができても、算数や数学の点数が上がるわけではありません。

僕がそろばんを一押ししたいのは、履歴書にかけるとか、九九が早く覚えられるとかではありません。

もう一度言います。

実生活で役に立つのです。

ここでどのくらい実生活で役に立つか実例を交えてお話しします。

・買い物(能力:足し算)
財布の中には1,000円のみ。でもあれもこれも買わなくては。そんな中電卓を片手に買い物をしますか? 「なんか、あの人ギリギリで買い物してるのかしら」なんて思われながら買い物したくないです。
そこで暗算の出番、188円、202円、100円、320円、110円、えーとこれらに消費税をかけてと」
そろばんを習っていると瞬時に計算できてしまいます。スマホを取り出す必要がありません。

・買い物(能力:引き算)
行きつけのブティックで前から狙っていた18,000円のワンピースが2割引き(3,600円引き)で売っている。さて、いくらになるでしょうか。
これまたそろばんを習っていると瞬時に計算できます。

・年額計算(能力:掛け算)
毎月の月謝が4,200円とします。年間いくらかかるのか。これも4,200円×12カ月が頭の中で計算できます。

・割り勘計算
飲み会の会計時、お会計が7人で32,200円。さて一人当たりの金額は? これも瞬時に計算できます。

そろばん自体は現代では、見ることもなくなりました。見かけることもないので、そろばんは実用的ではありません。
応用問題ができるようになるわけでもありません。
しかし、そろばんをあたまの中に入れて計算する「暗算」があります。あたまの中にそろばんの珠(たま)を入れてしまうのです。
また、「数学で暗算なんて使い物にならない、理解する力、推測する力のほうが必要だよ」と言う方がいらっしゃいます。確かに間違っていません。
しかしながら、理解、推測するときも、は一つ一つの「計算」から成り立ちます。その「計算」が瞬時に解けてしまえば、解答がすばやく導き出せます。

習い事としては、地味で通う回数も多い。子供にとってダンスやピアノの方が楽しいことでしょう。僕は友達と競いながら楽しんでそろばんをやってきましたが、確かに一人だとつまらないかもしれませんね。

実社会に出て、コンピュータ業界に入った時に計算が早いことが、業務を行う上で役に立つとは思いませんでした。

役に立つ話ではないですが、頭がいいと思われるようになります!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA