【新宿 SHOGUN】和牛を使った肉屋のハンバーガー ふわふわバンズ好きにおすすめ

ハンバーガー専門店が、意外と少ない新宿駅周辺。

本日は、そんな少ないバーガー専門店の中から、2018年秋に誕生した「SHOGUN」に行きました。

場所は、ロボットレストラン近くにあります。比較的外国人も多い場所です。

今回は、自分の注文ミスもあり、トータル的には、「戦に負けた」感じになりました。

お店に到着

歌舞伎町に不慣れな方は、迷ってしまうので必ず地図を確認してください。

SHOGUN BURGER 入口

注文は、キャッシュオンデリバリー方式となっています。

この注文時に、大きなミスをやってしまいました。それは、のちほどわかります。

注文したハンバーガーは、「ベーコンチーズバーガー(1,200円)」とハーフパイントのビールです。

注文後、ワイヤレスチャイムとビールを受け取り、席に向かいます。好きな席を選び着席。

オシャレなカウンター

店内はそれほど混んでなく、自由に選べました。

ビールはよく冷えています。

よく冷えてます

席に座っていると、とても楽しいことが書いてありました。

「有名人の方はお声掛け下さい。気づかなくてごめんなさい。壁にサインしてもらいに行きます。」とあります。

気が付かない時点で、それほど有名人ではないと思うのは、僕だけでしょうか?(笑)

壁に書かれたサインは、こんな感じで書かれてました。

アンジャッシュの渡部さんのサインもありました。

バーガー到着

注文後、10分少々でバーガー到着。

こちらが、嫁が注文した「秋月すきやきバーガー」

秋月すきやきバーガー

インスタ映えするバーガーです。パテがダブルになっているので、食べ応え十分。

そして、こちらが僕が注文した「ベーコンチーズバーガー」です。

2個ではありません。半分に分けてバーガーの提供です。

さて、実食

二つにセパレートされたバーガーを合体させます。合体後がこちら。

バンズのところにSHOGUNのキャラクターが刻印されてます。わかりますか?

そしてこのバンズがとても柔らかく、手で押したときにふわっとなります。

代々木のバーガーショップ「ICON」のバンズに似ています。

VIVA ICON BURGER

代々木のバーガーショップ「ICON」で高いけど美味しいハンバーガーを食べてきた

2018/12/02

では、いつものとおりガブリといきます。

一番先に感じたのが、酸味が効いたとても冷たいトマトです。そして冷たいレタスもたっぷり。

そして、濃い目のバーベキューソースが舌に絡みます。

こっそり入っているマヨネーズソースも一緒に絡んできます。

ベーコンは厚めだが、カリッと仕上がっており、塩気が強めになっています。

やわらかめのパテは、ミディアムレアで焼かれています。パテの上にチーズが乗っており、より一層舌触りがソフトになっています。

「和牛」を使っているとのことですが、自分の舌では「どこら辺が和牛?」なのか、わからずじまいでした。

ここで、ポテトにバーガー汁をかけてと…… ん? ポテトがない!

そうだ!ポテトは頼んでなかったんだ。バーガー汁をかけて食べられないじゃん!

ここでポテトのみを頼むのも、すでにタイミングを逃しています。大人しく諦めました。

そして、もうひとつの違和感に気が付きました。

それぞれの具材はとても美味しいのです。ところがトータルとして「普通」のハンバーガーになってしまってます。

店名の「SHOGUN(将軍)」で例えると、

将軍とは

将軍(しょうぐん)は、比較的大きな軍隊の指揮官に与えられる官職および称号の一つ、また軍閥の指導者の地位でもある。称号としての将軍を将軍号ともいう。

出典元:将軍 – Wikipedia

将軍とは、軍隊の指揮官とあります。

良い兵隊を、「良い具材」にに例えます。

それぞれがいい味を出しているにも関わらず、その味を統率していないので、全てがバラバラに感じてしまう。

良い味が出ているのに、具材が平均化されてしまい特徴のない味に感じてしまう。

一口目がとても美味しく感じて、食べ終わりには普通のハンバーガーになっていたのはとても残念でした。

最後に

ポテトの楽しみが少し残念な食べ終わりとなりました。

ハンバーガーを食べるときは、ぜひともポテトをお忘れなく。

SHOGUN BURGER

では、「【新宿 SHOGUN】和牛を使った肉屋のハンバーガー ふわふわバンズ好きにおすすめ」でした。

スポンサーリンク