2019.03|旬を食べる! セブンの新発売「銀鮭と竹の子御飯」で手っ取り早く春を味わった

セブンのサイト見ていると、食欲をそそるようなお弁当が新発売されてました。

「2019年3月19日(火) セブンイレブンから『春の味覚!銀鮭と竹の子御飯幕の内』新発売」。

セブンイレブンのお弁当は、洋食系をよく食べます。今回は日本人の血が騒いだと言いますか、「炊き込みご飯」が食べたくなりました。

メチャクチャ食べたいので、急遽セブンイレブンに向かうことにしました。

うーん 悩む……

「春の味覚!銀鮭と竹の子御飯幕の内」を買いに行ったのですが、強敵があらわれました。

それは、同じく3月19日に新発売された「カレーピラフ&チキン南蛮」です。かなりの強敵にとまどいます。

しかし、今日は「花粉症で春を感じるだけじゃなく、食でも春を感じよう」と、硬い意志で竹の子御飯を選択しました。

売り切れを心配しました。ラスト一つでギリセーフ!

「カレーピラフ&チキン南蛮」も、近いうちに必ず食べます。新発売大好きなんです。

赤い新発売シールは見逃せない

温めは自宅で

いつも、お弁当類は自宅で温めます。店舗で温めてもらっても、自宅に着くころには少し冷めてしまうんです。

お弁当は、できるだけ温かく食べたい派なので、自宅の電子レンジで温めます。

補足
結果論となりますが、「銀鮭と竹の子御飯幕の内」は、温めたあとにすぐ食べるほうがよりおいしくいただけます。

それでは、お弁当を500wで1分50秒温めます。1500wでは35秒です。(温めるときは、1500wのレンジが欲しくなります)

いただきます

春の味覚!銀鮭と竹の子御飯幕の内 500円 (税込 540円)

純和食の感じが、空腹感を刺激します。

ほどよくお弁当は温まっていますが、それほど炊き込みご飯の匂いはしません。

まず、玉子焼きからいただきます。

卵焼きは少し甘めで、柔らかく焼いてあります。いつものセブンイレブンの玉子焼きです。

次に竹の子御飯を食べてみます。

しっとりした炊き上がり

炊き込みごはんは、濃い味が好きなんです。この竹の子御飯は、薄味ですが炊き込んであり、味がしみこんでいます。これなら、薄味でも食べられます。

竹の子は大きく、厚いので歯ごたえがあります。さらに、味がしみていて、やわらかい。

御飯に竹の子が、たくさん入っているので、最後まで楽しめます。

その他の具は、油揚げとにんじんの千切りが少々入っています。もうちょっと入れてほしいところです。

次に、メインのおかずとなる銀鮭です。

大きくはありませんが、小さいとも言えない大きさです。

味は甘ジャケですが、塩気もあります。醤油がほしいところですが、このままでも全然食べられます。ちなみに調味料は何もついていません。

鮭に骨がないので、安心して食べられます。誰かが骨をとってくれてるのでしょう。(←きっと、ぜったい違います)

身は柔らかくほぐしやすいので、竹の子御飯にからめて食べてもイケるでしょう。

その他のおかずです。

その他5品のおかずが入っています

まずは、先ほど食べた玉子焼き。そして、大根漬物と野菜ナムルが少々入っています。

また、「肉じゃが」が入っているかと思いましたが、これが違っていました。なんと、「玉葱白滝牛肉煮」でした。肉じゃがとの差が何なのかは、現時点ではわかりません。きっと同じです。

最後に「豚肉いんげん人参巻かつ」です。ソースではなく、梅ソースがかかっています。あっさり食べられるのですが、ちょっと衣が厚いので油っこさを感じます。

ごちそうさま

完食です。

綺麗に平らげました

422kcalなので、晩御飯としては、カロリー控えめで食べられました。女性の夕食にはちょうどいい量でしょう。

ガッツリ食べたい男性ならば、ブラスおにぎり1個は欲しいところです。

セブンイレブンの美味しいフリーズドライのみそ汁と一緒に飲んでもいいですね。

2019|セブンのフリーズドライ全種比較レビュー ~①みそ汁編~

2019/01/03

春を代表する、旬の食材である竹の子。春を感じなら、「早く花粉がおさまらないかな」と思いました。

それでは、「【2019】旬を食べる! セブンの新発売『銀鮭と竹の子御飯』で手っ取り早く春を味わった」でした。

スポンサーリンク